読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーゴールドの現実

「幻惑」から「現実」へ

評判の悪い私、

 ある県へ家族旅行してきた。私と姉の仲の悪いのは知られているようで、いろいろ憶測された。しかし母の評は違っている。母は姉と私は絆が強いという。母にはあと二人の妹がいるが、彼女らと仲は良くても、姉と私のような絆の強さではないという。よく考えていただきたい。仲がいいとか悪いとか、他人事として言っておられるようだが、自分の兄弟姉妹との関係は考えたことがあるのだろうか。人の心の機微というものは、経験しないとなかなかわからないものだが、私は他人事として勝手な噂話はしたくないと考えている。特に姉は怖い人と思われているようだが、そんなでもないことは、食事処のお店の方にはお分かりになったことだろう。姉は情に熱い人である。確かに怒りっぽいが、私との凸凹関係である。兄弟姉妹というのはそのようなことはざらではないだろうか。「沈黙は金なり」という言葉は、黙っていることではなくて、憶測でものを言ったり、自慢話に浮かれたり、とそういったことをしないということだろう。

 やはり私の小説の評判は悪かった。投稿先を間違ったろうか。あれは十分、純文学系でも行ける作品だったが、エンタメ系に投稿した。エンタメ系とうってあるのだから、それに応えねばならなかったのだが、私の間違いだったらしい。エンタメ系というのは切ったり張ったりのどんちゃん劇だけなのだろうか。主催者の意図も確かめないで、と思われるかもしれないが、自分なりの考えでエンタメ系という言葉を捉えて、投稿した。しかしやはり間違いだったようだ。普通の結婚をしていないというだけでも十分にエンタメ系ではないかと思ったが、それも間違いだったようだ。祭りの要素も取り入れたが、それも間違いだったようだ。その県の地名や、特色や、食べ物も取り入れたが、どうもうまくいかなかったようだ。やはりよそ者にすぎないか。私は人様にある程度知られているので、偏見を持たれているのではないだろうか。

 しかし今回行った県が特別なわけではない。わが故郷であるこの地でもそうだ。いろんな人がいる。それにしても姉に対する偏見はやめにしていただきたい。兄弟姉妹喧嘩はやるものである。姉は姉だから妹としての私に高圧的なだけで、それ以上でもそれ以下でもない。歳上というだけで高圧的なのは人間社会一般である。特に日本はそうである。そういう文化ではないか。自分たちのことは棚に上げて人のことをあれこれ言うのはやめてもらいたい。姉に対していろいろ言う権限のあるのは、母と私だけである。もちろん仕事場での評価などは私どもの知るところではないが、いろんな人に取り巻かれていることだろう。姉は結婚している人とも結婚していない人ともうまくやっているようである。もちろん最初から偏見を持つ人には受け入れられないかもしれないが、普通に付き合えば分かる人にはわかるようである。誰にでも欠点はあるから、批判されるかもしれないが、自分のことはわかっているのかと言い返してやりたい。

 上記に自慢話はしないと書いたが、実は私は自慢話を聞くのがそんなに嫌ではない。自慢話はうまくいった経験であるから、本質的に面白いのである。何度も聞くのは確かに辟易だが。しかし世の中から自慢話と噂話がなくなったら、人々はそれこそ沈黙せざるを得ないであろう。姉と私のことも噂話の一環であろうから、さほどに気にしてはいないが、そういう親父やギャルや若者はこちらから無視している。つまり私どもは誇り高いのである。いちいちやり返したりはしない。それは内輪揉めだけである。それは大事な存在なので、無視しないのである。姉は時々、私を無視するが、それは大事に思っていないからではない。その無視は内輪だからの無視である。人様を無視するのは、悪口を言われているときだけだろう。若いころ無視するなどということはできないと思っていたが、この歳になるとできるようになるものである。

 このブログも確かに起承転結はないかもしれないが、書かないよりはマシだろうか。いや書かないほうが利口なのかもしれない。しかし私はパソコンユーザであるからには、それなりのことはしたいと思っている。ブログの一つぐらい書かないと、物書きとしてもどうかなと思う。私が素人だからそう思うのかもしれないが。プロは文章をタダで書いたりしないものかもしれない。ここは無料ブログなのだが、大概の人はお金を支払って書いておられるのだろう。そこまでするプロがいるだろうか。仲間内でしか見ることのできないものはあるのかもしれないが、私はそういうものは認めない。第一、風通しが悪い。私はある作家のファンサイトからも排斥された。そこはごますり輩の巣窟だったが、私はパンチの効いたことを書いていた。それで締め出された。そういえば作家の他に、芸能人のブログというものがある。私は見たことはないが、案外読まれているようだ。私は無関心だが。このブログはどういう立ち位置なのだろうか。私は芸能人じゃないとずっと言ってきたが、私を芸能人のように言う人がいる。一銭も稼いでいないのに、芸能人呼ばわりするなと言いたい。第一私には芸がない。二千字を越したのでここで終わることとしたい。お付き合いくださってありがとうございます。